葬式の移り変わり

日本の葬式の移り変わり

遺族の為の葬式に変わっている

日本の葬式は、世界の様々な宗教で禁忌とされている遺体の腐敗を物理的変化を伴った完全な死とする殯が記紀に記されている時代から現在まで行われていますが、庶民の間では時代背景によって葬送方法が大きく変わってきたという経緯があります。現代社会においても、経済不況や少子高齢化の影響で小規模な葬式にシフトしつつあり、特に遺族が故人の傍で生前の思い出を偲びゆっくりと故人の冥福を祈る事の出来る家族葬が急激に増加しています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀における香典には All rights reserved