葬儀で預かる香典

葬儀で預かる香典では

葬儀の参列で気を付けるポイント

葬儀に参加する時に、香典を預かることがあります。特に、会社やご近所の家々を代表して通夜や葬式に参加する時は、多くの人から香典を預かり参列することがあります。そんな時困るのが、受付で預かった方々の名前を正確に漏らさず書くことです。そこで、あらかじめ預かった方々を事前にリスト化して、用意しておくことが重要です。葬式でのミスや失敗や手違いは、故人やご遺族に対して失礼になります。葬儀は自分の手違いで、滞ることは許されません。慎重にミスのないように参列しなければなりません。特に、会社を代表する場合は会社の評価になりかねませんので、注意が必要になります。

香典を受け取らない場合のマナー

最近では、関西を中心に故人の遺志によりとして香典を受け取らない葬儀も増えています。関東ではまだ少数派かも知れませんが、自分の親族の時には頂いているのに、受け取ってもらえない場合、どうすれば良いのか迷ってしまいます。そんな場合、葬儀会場で無理に香典を受けてもらうべく押し問答するのは決してマナーに適っているとは言えません。何とかお返しの意味も込めてと思われるなら、代わりに供花をされるのも良いでしょうし、また四十九日の法要に合わせて、ご仏前としてお供えの品を贈ると言うのも1つの方法でしょう。時代と共に変化する習慣に、上手に対応するマナーを身に付ける事が重要と言えます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀における香典には All rights reserved