葬儀での香典の相場

葬儀での香典の相場とは

葬儀における香典金額の相場は

結婚式と違い、葬儀は突然やってきます。お祝いごととは違い、悲しみに暮れている家族に対して接することになりますので、マナーを心得る必要があります、特に悩むのが、香典金額はいくらがよいのかということです。これは、家族なのか友人なのか、または職場関係者なのかによって異なります。また、自分の年齢によっても多少違います。職場関係者の場合だと最低で3000円からで、親族の場合は最大10万円以上となる場合もあります。ただし、数字に「4」「9」は死を連想させるので避けなければなりません。このように、葬儀についてのマナーは事前にしっかりと抑えておく必要があります。

香典の知識とマナーについて

香典は一般と新生活に分かれていて、受付の場所も違います。親族や親しい友人などが高額となり、会社の同僚や近所の人は低額を渡して故人を弔います。葬儀では、開式前に受付に出し、前者が一般で後者が新生活になります。包む金額は一般で10万円~1万円、新生活で5千円~2千円が一般的です。仏式と神式の葬儀では呼び方が違い、仏式では香典と言いますが、神式では玉串料と言います。包む袋は、薄墨で書くのが正式で、袋に蓮の花があるものは、仏式で使用されるものなので、神式の使用するときは、蓮の花の画いていないものを渡します。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀における香典には All rights reserved