葬儀での香典の入れ方

葬儀での香典の入れ方には

葬儀のときの香典の入れ方

葬儀に持参する香典には、しきたりやマナーがあります。紙幣には表と裏があり、人物が書いてある方が表になり、表が見えないように裏向きで入れるのが正式な入れ方です。紙幣は、新札を使わないで、二枚以上のお札を入れるときは、裏向きにして揃えて中袋に入れ、外包の香典袋に入れます。お札が、新札しかないときは、一旦折って折り目を付けます。あまり、しわしわのお札や破れたり汚れたりしているお札は、葬儀の際には失礼なので避けましょう。ちなみに袋に名前を書くのは薄墨で書くのが正式で、新葬祭の場合は、蓮の花の無いものを使いましょう。

香典は気持ちだけでいいと

葬儀の香典の金額は、気持ちだけでいいとは言うものの、それは成人前の人たちに限定すればということを心得ておくのがいいでしょう。地方での葬儀の場合はそこでの慣例がありますし、場所はともかく親戚という立場であれば、暗黙の取決めというようなこともあります。したがって、金額の相場を確認することはもちろん大事ですが、ケースケースでの確認ということも大事になります。普段から親御さんと話をしておいて、いざというときに困らないようにしておくとか、困ったときには誰に相談すれはいいかを承知しておくのも、処世術としては結構大事なことなのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀における香典には All rights reserved