葬儀における香典

葬儀における香典には

葬儀での香典のお返し

葬儀での香典のお返しは、包まれた金額によって変わります。数千円の金額では、新生活扱いとなり、返礼品も低価格のものになります。高額な金額を包まれた時には一般扱いとなり、新生活に比べて高額な商品となります。葬儀を行うにあたり、会葬者がどのくらい参列してくれるか、はっきりした数はわからないので、参列者の数を予想して用意します。通常であれば、通夜の時に出したお返しが余れば、業者に返品できますが、告別式で用意したものは、返品ができません。余分な在庫を抱えないためにも、業者と打ち合わせを密にとるのが大切です。

参列での香典の正しいルール

葬儀に参列するとなると、香典の金額について思案することの少なくありません。近親者であれ、会社の関係者であれ、他の参列者に金額を聞くのは気がひけることですし、何より故人、遺族の方に失礼なことはしたくありませんよね。実は自分の年齢や故人との関係により目安となる金額が決まっています。特に、自分の年齢によって金額が異なることは、最近ではあまり知られていませんので、こういったことをさりげなく実践できると、礼儀正しい人物として評価されます。ここでは、葬儀に参列する際の香典のルールについてわかりやすく紹介します。

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀における香典には All rights reserved